中学生の個別指導について

レイズでは分からないことを自由に質問できる態勢を取っています。

学生講師

週に2~5日学生講師に来てもらいます。

数学や理科は勉強をしていて分からないところが出てきても、自分の力で解決することが難しい場合があります。そのようなときに講師に質問をしに来てください。

家では集中ができないという人は、塾のない日は自習スペースで勉強をすることも可能です。

講師が来てくれている日に自習スペースで勉強をすれば、分からないところが出てきてもすぐに質問ができます。

塾生の人数に応じて講師に来てもらう日数が変わります。2017年は月曜日木曜日に講師に来てもらう予定です。
 講師が他の生徒に個別対応をしているときは質問ができません。

参考:採用基準

個別指導

自主的に自習スペースで勉強をしに来る生徒は分からない箇所がでてくれば講師に自由に質問をしてください。

特に個別指導が必要と思われる場合、話し合いにより通常授業とは別の日に個別指導を行います。

個別指導を受けるときは短時間で能率的な勉強ができるように、塾の指示に従い事前に必要箇所の暗記(英語:単語・基本例文。数学・理科:公式)をしてもらいます。

個別指導の流れ(例)

解説・暗記・演習の順で行います。解説をしているときは完全マンツーマン指導です。

英語

文法の解説を5分~10分した後、知識定着のため解説した内容を生徒自身で整理し暗記をします。暗記が終わった後、理解ができているかを確認するために演習をします。

生徒の実力に合わせて塾が個別指導のカリキュラムを作成するので無理なく成績が延ばせるはずです。ただし、復習をしなければ覚えたことをすぐに忘れてしまいます。必ず家庭学習をし、確実に知識を定着させてください。

数学

計算問題の解き方を5~15分かけて解説します。その後、解き方の手順を暗記してもらいます。暗記が終わったら問題に慣れるために演習をします。

演習の丸付けをし、特に問題ない場合は指導終了です。間違いが多い場合さらに指導を続けます。

単純ミスが多い場合、どういうミスをしているのかを説明します。説明を受けた生徒は自分が起こしやすいミスに気をつけながら再度演習をしてもらいます。

理解が不十分の場合、再度解説をします。解説後、再度演習をしてもらいます。

問題を解く時間が遅い場合、講師がその原因をつかみ適切な指示を出します。

数学が苦手な人は得意な人の何倍も勉強をしなければならないこともあります。また、できるようになるのにものすごい時間が必要になることもあります。諦めずに頑張りましょう。

料金

集団授業を受けていれば別途費用はいただきません。無料です。

料金が高いだけで費用対効果がほとんどない個別指導塾に通うよりも成績は伸びるはずです。